拝啓、フキゲン妻の皆様@はてなブログ

宮うち みかです。フルタイム業、フリーライター業、家族の愛情補充に奔走する日々。「人生最高潮に忙しい時だ、これ・・・」と、ずっと思い続けています。忙し度更新が止まりません。

親子が幸せに生きる社会を作る提案書のトリ説と、裏話・・・★(メルマガ限定)

さてさて。お久しぶりです。

 

社会を変えるべく、

今日もヘン顔★

今日も一芸★



ミカでございます。



は?

ミカ、またわけわかんないし。

何言っちゃってんの?



っていう方は



さては



さては・・・



さては・・・!!




ズバリ、

これを読んでいないでしょう!

(ハナワくんを思い出しませんか)

 

目からウロコ☆な井戸端会議公開グループ | Facebookwww.facebook.com

 

f:id:micasmile:20180626165752j:image
 

(テキストは一番下にコピペします。)

 

 

これはですね。

私が共同運営するfacebookグループ「目からウロコ☆な井戸端会議」グループが

先の、5歳虐待死の報道を受けて作成した

提案書でございます。




読んでね読んでね読んでね。


も、もとい

読んで下さい。よかったら。

(ハテナブログでは、低姿勢。。)

 

この提案書には、

確固たる、目的があります。

 

 

それは

 

★ 次世代まで引き継がれる、優しさと尊重する空気の循環を作る

 

★ 恐怖や怒りではなく、優しい気持ち、尊重する心を拡散する

 

★ 傷ついた子どもの頃の心を癒し、寛容さを取り戻す

 

★ 個人で社会を変える力を思い出し、取り戻す

 

 

ということDESU。

 

順番に、説明いたします。

 

 

 

★ 優しさと尊重の循環をつくる。

 

提案していることは

どれも、簡単ですよね。

 

今すぐに、簡単に出来て

 

しかも、向けたその優しさは、

 

向けられた人から、また違う人に向かいます。

幼稚園のママ友へ向けた優しさは、

そのママが住む、マンションのママ友へ。

さらにその大人を見ていた、次世代にも繋がります。



世代を超えて、人と人とを繋ぐ

優しさの循環を生み出す行為を綴った、提案書です。

 

 

尊重と呼ばれる、ある種の距離感は、

「放っておく」の文言に込めました。

 

 

放っておいてほしいとき、ありますよね。

当事者にしか分からない、入り組んだ事情とか。

 

 

そこを思いやると、

かけるべき言葉

取るべき態度が

 

自ずと決まります。

 

 


★ 恐怖や怒りではなく、優しい気持ち、尊重する心を拡散する

 

なんかほら、署名がすごくシェアされたでそ?

芸能人とか、有名人の人も、ツイートしてたやつです。

 

 

あの署名が出回ったとき、感じたことは

 

 

そこに、

行政への期待と落胆、悲しみと批判

それに、恐怖と怒りのエネルギーが溢れているということ

でした。

 

 

あれをシェアするということは、

それを広めるということなんです。



署名を否定してはいません。

する人はすればいい。



私はしない、という選択を取る自由があります。

署名する人に、その自由があるように。

 

 

署名の先にあるかもしれない、メリットよりも

そのようなエネルギーが広まることに

加担したくない、というのが

その理由です。

 

 

そしてむしろ、

もっと違うものが広まればいい、と思いました。

それで、この提案書が出来上がりました。


今回グループの皆が賛同してくれて、

この提言が出来上がったことは

本当に感無量でした。



読んで下さったらお分かりになると思います。

誰のことも、なんのことも、

批判も、否定もしていません。



そこにあるのは、

自分と人とを尊重する姿勢と

次世代までを見据えた、大人の行動だけです。

 



★ 傷ついた子どもの頃の心を癒し、寛容さを取り戻す

 

実は私はこれは、

時折、ぽろっと涙をこぼしながら、

たたき台を作成しました。



子どもに優しくなれない自分だった

そして、その自分を罰していた、


あの頃の自分がね、

まだ、いたのですね。

 


自分をかわいそうがってる、自分が。



おかげで、この提言に、大分慰められました。



自分で作っておいて、なんですが。

まさにセルフケアでございます。

または、セルフヒーリングです。




同じように、辛い時代があった人や、

今まさに、渦中なひとは



ひとつひとつ、ゆっくり読んでみて下さい。



愛と、尊重と、優しさのエネルギーが

こもった言葉で出来ています。



塊が溶けるように、涙が出てきたら



同じように、誰か、渦中の人に

これらの行動のどれかを用いて

働きかけてみて下さいね。



子どもにイライラしてるお母さんや

泣き喚く子に困ってるお母さんや

どこか悲しげな顔の、お母さんに。



もちろん、心の中でもだいじょぶです。



または、子どもに微笑みかけるだけで、オーケーです。

その微笑みを見て、その子の親は、

「自分たち親子は、存在を認知されのだ」と、認識します。

 

 

ですから

実は、この提言は

「かわいそうな、お気の毒な誰かさん」



に、向けたもの、ではないということなんです。

そこ、けっこう、ノートにとってほしいところです。



実は

 

実は




皆様ご自身に向けたものなのです




子どもがワアワア言ってて

 

家はひっちゃかめっちゃかで

 

夫は今日も遅くて



そんなときに、

全てを受け入れてくれる、子どもに当たってしまって



子どもの寝顔を見ながら、

必ず後悔する・・・





そんな、あなた様向けの

提言でございます。




ですからネ。

そういう状況になったときに

ふと、思い出してみてください。




画像保存しておいて

ひとつひとつ、

ゆっくり、読んでみて下さい。




「もう、今の自分には、必要ないな」




って、心から思えたときに

初めて、心の底から



他者を、自分の両親を、自分を、子どもを、

そのまま容認する、マルをする。



どんな行動も

どんな人にも

そうせざるを得なかった、理由があったのだ



という、視点を獲得することが出来る。



っというわけなのです。

この視点こそが、「寛容さ」ではないでしょうか。

 

 


★ 個人で社会を変える力を思い出し、取り戻す

 

 

虐待する親が出てくるような社会に、

私達は生きています。

 

弱い立場の子どもを、いじめずにはいられない

そんな親を生み出してしまう、社会です。



そこ、認めて。





その社会を、形成している、一員として

もっと、親子が幸せに生きることが出来る社会を作るべく

個人個人が出来ることは。




寛容さを取り戻す。

 

繋がりを大切にする。

 

正誤、善悪ではなく、

楽しさ、面白さ、笑顔を行動の選択基準にする。



ってことかと思います。



でね、それまず

 

目の前の夫に

 

目の前の子どもに

 

目の前の両親に

 

目の前の義理両親に



誰よりも、まずは

ご自分自身に。

 

向けてくださいね。



向けられる、自分になりましょー。

 

 

 

f:id:micasmile:20180626165837j:image
 

 

  

んでね。ここに関しては

もうちょい、言いたいことがありまして。

 

 

この一連の、大騒ぎ報道と署名シェアについて

ミカの思うところを

メルマガでお伝えしようと思います。

 

 

毒はメルマガで吐くのだ。

決めたのだ。



メルマガ登録はこちらです。

ご機嫌妻・肝っ玉母マインド★メルマガ登録はこちらから☆

 

ニュースも主体的に受け取ることが

肝っ玉母さんへの、ひとつの道でございます★



お友達にオススメしたいときは、こちらのリンクを送って下さい~

http://eepurl.com/dywZZb

______________________________________

MICA / 子育てアドバイザー・フキゲン妻研究家


★セッションに関するお問い合わせは
 >>こちらから。どんなことでも、お気軽にお問い合わせください☆>>
 

Facebook:友達申請、フォロー大歓迎です☆
 
 https://www.facebook.com/micasingapore

 

★FB宮うち みかのページ:フォロー、いいね、大歓迎です☆
 htps://www.facebook.com/micasmilemica/


Hatena Blog:長文で物申しています。
http://micasmile.hatenablog.com/

★Instagram: @micasmilemica


★ ご機嫌妻&母マインドになるメールマガジン
http://eepurl.com/dywZZb

目からウロコ!子育て井戸端会議グループ :他人軸から、自分軸な子育てをしたい方に超オススメ☆
https://www.facebook.com/groups/132022460722785/

______________________________________


 

mica

 

♡シェアは無断でどうぞ♡

 

 セッションお申し込み、記事執筆などのご依頼、ご感想も>>こちらからご連絡ください。>>

 

 

【井戸端会議グループの提案書】

虐待死 私達が今できること

わたしたちはグループとして、5歳の女の子の虐待死を受け、

署名でもなく、行政に委ねるのでもない、以下の行動を提案します

 

■ わたしたちは親仲間として、お互いを時に、見つめ、口を挟み、手を出し、放っておきます。

■ 子どもを怒鳴る親をみたら、我が子に怒鳴ったときの自分を思い出し、心で抱きしめます。

■ 子どもを叩く親を見たら、子どもを叩きたくなるときの自分を思い出し、心で抱きしめます。

■  赤ちゃんが泣き喚いていたら、親に気付かれないようにヘン顔で笑いを誘います

■ ぐずる子の気持ちが切り替わるような一芸を身につけます

■ 全ての子どもは社会の宝物ということを、意識します

■ 全ての親は偉業を為している最中であるということを、意識します。自覚します。

■ 自分の親の、また、自分自身の至らなさ、不完全さに思いを馳せ、許す努力をします

■ どの人にも、どの行動にも、「そうせざるを得ない理由がある」という見方をします